ドクハラと通販

近年話題となっているドクターハラスメントと言う俗語と、医薬品の通信販売に関してまとめてみましょう。
略してドクハラともいわれる、医師や看護師による患者への嫌がらせを比喩した言葉です。
勿論すべての医師が対象ではなく、ごく一部の心無い医師により生まれた言葉とも言えるでしょう。
具体的には、患者に対しての差別や治療に対する方向性を一貫して曲げない場合も使用されます。
看護師に至っては、患者を人とし扱わなかったり、陰で虐待を行うなどもニュースでよく取り上げられています。
この様なことが続くと病院と医師、患者とその家族からの信頼性が薄れ、社会的な問題になるでしょう。

相反して、一般的に認知され利用されているのが、医薬品の通販サイトです。
軽度な病気なら自身で症状から薬を検索し、病院に行かず自宅に宅配されるのを利用するという具合です。
もちろん医師からの処方箋が必要な場合は、取り扱いが出来ませんが、海外医薬品であれば処方箋が無く入手する事も可能です。
保険適用外の医薬品も数多くあり、送料が無料のサイトや一定金額を超えると、配送料金がかからない場合もあります。
将来的には、薬 宅配は当たり前に生活の一部となる可能性もあるのではないでしょうか。