ドクハラと通販

近年話題となっているドクターハラスメントと言う俗語と、医薬品の通信販売に関してまとめてみましょう。
略してドクハラともいわれる、医師や看護師による患者への嫌がらせを比喩した言葉です。
勿論すべての医師が対象ではなく、ごく一部の心無い医師により生まれた言葉とも言えるでしょう。
具体的には、患者に対しての差別や治療に対する方向性を一貫して曲げない場合も使用されます。
看護師に至っては、患者を人とし扱わなかったり、陰で虐待を行うなどもニュースでよく取り上げられています。
この様なことが続くと病院と医師、患者とその家族からの信頼性が薄れ、社会的な問題になるでしょう。

相反して、一般的に認知され利用されているのが、医薬品の通販サイトです。
軽度な病気なら自身で症状から薬を検索し、病院に行かず自宅に宅配されるのを利用するという具合です。
もちろん医師からの処方箋が必要な場合は、取り扱いが出来ませんが、海外医薬品であれば処方箋が無く入手する事も可能です。
保険適用外の医薬品も数多くあり、送料が無料のサイトや一定金額を超えると、配送料金がかからない場合もあります。
将来的には、薬 宅配は当たり前に生活の一部となる可能性もあるのではないでしょうか。

ドクハラされたらネット販売を利用しよう

対面での医療相談などが苦手な方は、ネット販売を使ってみましょう。病院に通うことなく、家にいながら薬は手に入れることは可能です。

ドクハラとは

ドクターハラスメントのことを「ドクハラ」と略して呼びます。一部、心ない医師や看護師がいることが問題となっています。嫌がらせが継続的に行われることで、互いの信頼関係がなくなっていくかもしれません。

医師や看護師も人なので「診療時間が長い」、「職場関係が悪い」などでストレスを抱え、患者に対しておろそかな対応をするケースもあります。

実際の事例

説明を求めた患者に対して声を荒げた、高齢者に対して「あなたは何歳まで生きるつもりですか」「遅い!もっとはやくしろ」などの暴言を吐いたなどがあります。なかには医療訴訟となった例も多くありません。

ネット販売の利用

このような事例と並行して広まり始めたのが医薬品のネット販売です。軽度の症状なら自分自身で症状をチェックして検索することで、病院に通うことなく薬を入手できるメリットがあります。

処方箋が必要な場合は手に入れることはできませんが、海外医薬品の場合は処方箋がなくとも入手できます。将来的には薬を手に入れるのが当たり前の時代がくるかもしれません。

新着情報

◆2015/12/04
ドクハラと通販の情報を更新しました。
◆2013/08/23
管理者情報を新規投稿しました。
◆2013/05/23
治療薬が無い感染病を新規投稿しました。
◆2013/05/23
飲み合わせの噂を新規投稿しました。
◆2013/05/22
サイトマップを新規投稿しました。